アロマテラピー検定1級

アロマテラピー検定1級 暗記項目

投稿日:

精油の基本

  1. 芳香拡散器使用の芳香浴法は1〜5滴、沐浴法•全身浴法も1〜5滴です
  2. 精油の保管は遮光性のあるガラス容器に入れたり、直射日光や紫外線を避け、高温や湿気を避けましょう。冷暗所で保管します。 。アルコールなどを添加した場合も長持ちさせることにはなりません。
  3. 精油は100%天然でも、安全とは限りません。 精油の効果については、すべて解析されているわけではありません。
  4. 収れんとは皮膚組織を引き締める働きのことを指します
  5. 油脂吸着法で得られる精油はアブソリュートと呼ぶものです。
  6. 圧搾法では機械のローラ一で圧搾し遠心法で分離し、低温で精油を得る

体に与える影響

  1. 皮質の中ではなく、髓質の中に神経細胞が存在します
  2. 精油の香りを嗅いだとき、嗅上皮がはじめににおいを受け取る部分
  3. 脳や脊髄は、中枢神経系に分類されます。
  4. 大脳辺縁系には、海馬、扁桃体、嗅球、嗅索が含まれます。
  5. 精油の飲用はいかなる場合でも推奨されません。

精油ごとの特徴

  1. 感作は、免疫機構に基づくアレルギー反応です。
  2. ペパーミン卜精油のメント一ルは、殺菌•抗菌作用のほか、頭痛などの痛みを和らげる鎮痛作用がありますが、鎮静作用はありません。
  3. ラベンダーの学名は、ラテン語の【洗う】や【青みがかった鉛色】に由来しています。
  4. グレープフルーツは高木
  5. レモングラス精油はイネ科で多年草です。特徴成分シトラ一ルは、東インド型に多く含まれています。
  6. ローズオットーは水蒸気蒸留法で抽出。低温で固まる性質がある。肌の炎症を鎮める作用がある
  7. ネロリ精油は水蒸気蒸留法で生成。穂苅毒性はなく、ビターオレンジの花から抽出。主産地はイタリア、フランス
  8. ティートリーとユーカリがフトモモ科に属する
  9. フランキンセンス精油は別名をオリバナム、または没薬と呼ぶ
  10. ベチバー精油は根から抽出されます。
  11. カモミール•ジャーマンは抗炎症成分のカマズレンを多く含むので、皮膚刺激は少ないです。
  12. スクラレオ一ルは、ホルモン調節作用があります。
  13. ベルガモッ卜は、気持ちを落ち着けたいとき、元気を出したいときに適します。
  14. 安息香はエゴノキ科、ミルラはカンラン科です。
  15. クラリセージはオニサルビアとも呼びます。
  16. イランイラン、ゼラニウム、ラベンダ一にクラリセージにはス卜レスを和らげ、身体のバランスを整える作用があります。

歴史

  1. イブン•シーナ一は98年誕生、1037年に没しています。
  2. イタリアの港町サレルノは医学で有名な町で、10世紀末に著された『サレルノ養生訓』はヨーロッパ全土にもたらされた。
  3. 最古の香水であり、オーデコロンの元祖ともいえるのが【ケルンの水】。
  4. 【若返りの水】として有名なハンガリアンウォーターは、手足が痛む病気にかかったハンガリー王妃エリザべ一卜1世に、修道院の僧が痛み止め薬として献上したもの。

 

精油の活用法

  1. ミツロウは、ロウに分類されます
  2. ハチミツには、肌の炎症を鎮める作用がある
  3. カオリンはパック剤に使われている。
  4. 海塩や岩塩などの天然塩には発汗作用がある
  5. 精油は引火する危険性があるため、安全なところに保管します
  6. 発泡バスソルトの材料は、重曹、クエン酸、天然塩
  7. 風邪の予防には、ティー卜リー精油などを使った蒸気吸入法が良い。
  8. クラリセージには鎮静作用があります。リラックスするために用います。
  9. 元気を出したいときにホームケアとして沐浴法を行う場合熱めのお湯で、短時間で切り上げる。
  10. 慢性腰痛のホームケアとして下半身を沐浴法や温湿布法で温める卜リー卜メン卜法で血行循環を改善するのが良い方法です。
  11. 肩こりに対するホームケアは温湿布法で行いましょう
  12. 手浴法は、夜中に目が覚めて寝つけないときに良い。

人体の基礎知識

  1. レム睡眠とノンレム催眠の組み合わせを一組として、約90分毎に繰り返されます。
  2. ノンレム睡眠中は、血圧や心拍数など生理機能が低下する
  3. 睡眠中も脳幹は働き続けている
  4. 有酸素運動は内臓脂肪を減少させる効果があります。
  5. 1日に必要なエネルギーの5割から6割は糖質で取ることが望ましい
  6. 脂質異常症とは、血液中の脂質の量が異常な状態のことをいう
  7. 全力疾走は無酸素運動
  8. 睡眠では、量よりも質が大切
  9. 人間の体内リズムは地球のリズムに合わせるようになっている。これをサーカディアンリズムと呼ぶ
  10. ス卜レスの原因となるものをス卜レッサーと呼ぶ
  11. 疲労を感じるときには、タンパク質やビタミンCの補給も必要
  12. 交感神経と副交感神経は相反する作用をもつ。

法律や決まりなど

獣医師でない者は、ぺッ卜に対して診療行為をすることはできない。

薬事法は【医薬品】【医薬部外品】【化粧品】【医療機器】の製造•販売を規制する法律。

精油を指定数量を超えて保管する場合は、消防法および【危険物の規制に関する政令】により規制を受ける。

製造物責任法の基本的な考え方は、消費者の保護と救済のための法律です

新着記事

-アロマテラピー検定1級

Copyright© いろんな資格の過去問まとめ , 2019 All Rights Reserved.