調理師試験

調理師試験 食文化概論 暗記項目まとめ

投稿日:

食べ物の時代について

  1. 縄文時代は自然採集が主流江戸時代に握り寿司が登場
  2. カレーライスは大正時代に生まれたとされている
  3. 安土桃山時代に千利休により茶の湯が大成された
  4. 明治時代には、牛鍋やすき焼きが食べられるようになった
  5. 江戸時代には中国から伝来した普茶料理、卓袱料理が日本風に変化して、和食が完成した
  6. 縄文時代には縄模様がついた土器を用いて調理を行っていた
  7. 鎌倉時代には、精進料理が発達した。また、1日3回食が始まった

ハレの日について

  1. ハレの日の食事は非日常的な付加価値要素の強い趣味・娯楽・団らんの要素が加わった豪華な食事が一般的
  2. ハレの日の食事は、集落・村落などの社会集団の構成員が、共同体で祭る神に祈願したりする神人共食が発端
  3. ハレを現代人の生活に当てはめた場合。正月、桃の節句、端午の節句、成人式などにあたる
  4. 民俗学では生活習俗条の定義としてケを普段の日として、ハレを行事などの特別な改まった日にしている

食育の基本理念と施策

  1. 食育推進運動は学校や保育所などなどだけではなく、家庭での推進も含まれている
  2. 食に関係する感謝の念と理解、体験活動、食育推進運動の展開と実践
  3. 農山漁村の活性化や食料自給率の向上への貢献

郷土料理について

  1. きりたんぽは秋田県の郷土料理
  2. ずんだもちは宮城県・山形県・福島県の郷土料理
  3. 治部煮は石川県の郷土料理
  4. 朴葉味噌は岐阜県の郷土料理
  5. ほうとうは山梨県の郷土料理
  6. 割子そばは島根県の郷土料理
  7. わんこそばは岩手県の郷土料理
  8. ソーキそばは沖縄の郷土料理

箸食の文化について

  1. 日本、台湾、中国等は箸食文化圏に属している
  2. 箸食文化圏で日本以外は、箸とさじがセットで用いられている
  3. 箸食文化県の人口は世界の約3割を占める
  4. 日本で現在のような2本箸が使用されるようになったのは奈良時代以降

外国の食事について

  1. 中国では、「食」を不老長寿、健康の基本として、医薬と同等にみる「医食同源」の思想がある。
  2. 西洋料理は小麦粉などから作ったパンを食べている。」。
  3. 宗教上の食物禁忌として、イスラム教の豚肉やヒンズ一教の牛肉等の食の タブーが広く知られている。
  4. 18世紀に書かれた「随園食単」という書物は、現代でも中国料理の指針となっている。

 

新着記事

-調理師試験

Copyright© いろんな資格の過去問まとめ , 2019 All Rights Reserved.